冷やしと温めには異なる効果がある

膝に痛みが走った時、冷やした方がいいのか温めた方がいいのかよくわからないという話をよく聞きます。結論から言ってしまうと、どのような症状なのかによって変わってきます。タイミングを間違えてしまうと改善に向かうどころか、かえって痛みが強くなり症状の悪化を招く可能性もあるので注意しないといけません。

 

まず急性期の膝痛に対しては、冷やすことが重要です。膝をひねってしまった、強く打ち付けて打撲を引き起こしてしまった場合にはアイシングなど冷やすことに重点を置いてください。急性期というのは、膝に対して急激な負荷がかかったことで炎症反応を起こしている状態です。

 

この時期患部には血流量が増加して、腫れや発熱、痛みを引き起こしています。この炎症を抑制するためには、安静にして熱を取り除く冷やすという行為が効果的なのです。温めてしまうと、炎症反応をアップさせるので、痛みも腫れもどんどん悪化してしまいます。

 

急性期が一程度経過すると、慢性期に移行します。慢性期になると、刺すような鋭い痛みはありませんが重だるいような鈍痛になります。このような状態がなぜ起きるかというと、痛めた膝が疲労して、機能不全となっているからです。筋肉がこわばって周辺の血管を圧迫し、血流が阻害されています。

 

そこで今度は膝の周辺を温めることが大事です。温めることで、血行が促進され血流が改善します。痛めた膝に十分な酸素や栄養分を供給できるようになり、回復を早められるのです。一般的に膝の痛みが急激に出てから2〜3日程度は急性期が続きます。このため、最初の2〜3日は膝を冷やすように心がけてください。

グルコサミンサプリをランキングで確認
グルコサミンサプリランキング

大正グルコサミン
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


大正グルコサミンおすすめポイント

大正グルコサミン詳細・購入はこちら


暮らしの匠・N-アセチルグルコサミン
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


N-アセチルグルコサミンおすすめポイント

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)の詳細・購入はこちら


皇潤(こうじゅん) プレミアム
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \8,424(税込) 無料

5つ星


皇潤(こうじゅん) プレミアムおすすめポイント

皇潤(こうじゅん) プレミアムの詳細・購入はこちら